×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小早川隆景の予言

私からは小早川隆景が黒田如水について予言した興味深い出来事を書く。
小早川隆景は死亡する直前にこんな事を述べている。

輝元領内の船着場に、筑紫大名より屋敷を建て、茶屋作り、
上方往還の休み等に、、宅地を所望されることありとして、貸し給うべからず。
これ中国を窺い、兵を入る基にして、毛利家の禍となるべし。

上記の言葉を略す。
筑紫の大名(黒田如水)が、屋敷を建て上方へ往復の途中の休息地にしたいと申し出ても、決して貸してはならない。
それは、毛利家の領を狙う下心があり、これを許せば毛利の禍を招くことになるだろう。

この予言から、小早川隆景は黒田如水を見抜いていたといえるのではないだろうか?
実際、黒田如水は関ヶ原の戦いが起こると九州を手中にする。
関ヶ原の戦いが早く終わってしまった為、天下の夢は破れてしまうが・・・。

黒田如水のすべてに戻る   毛利元就万世記に戻る